東雲の気まぐれな創造

IT、絵、その他いろいろ、とにかく気まぐれな雑記

【メイキングあり】簡単な草むらの描き方

f:id:yukisinonome:20170730140747j:plain

誰でも描ける草むらの描き方です。
風景を描く方や普段キャラ絵中心だけど背景も描いてみたい方はぜひチャレンジしてみませんか。草むらは意外と簡単に描けてしまうのです。

ステップ1

f:id:yukisinonome:20170730140654j:plain

まず、緑のグラデーションを描きます。下が手前で上が奥になります。手前の方が暗い色で奥の方が明るい色にしましょう。この時に、やや彩度が低い色を使うとリアリティがでます。


ステップ2

f:id:yukisinonome:20170730140648j:plain

ステップ1より暗い色でランダムな配置で塗っていきます。もこもこしたブラシで塗ってみてください。遠近を表現したいので奥に行くほど細く少なめで塗ってください。暗い色の中にさらに暗い色を少しだけ描きます。

ステップ3

f:id:yukisinonome:20170730140644j:plain

暗いもこもこを塗った部分から同じ色で草を描きます。ここでも遠近を表現するために手前は長く、奥は短く草を描いていきます。一番奥の方は草を描かなくてももこもこだけでそれっぽく見えます。

ステップ4

f:id:yukisinonome:20170730140638j:plain

今度はグラデーションと同じ色で暗い草の根元が隠れるように重ねて草を描き込みます。青い部分が隠れるように描きます。赤い部分みたいな感じです。

ステップ5

f:id:yukisinonome:20170730140631j:plain

暗い部分の根元がある程度隠れるまで草を描き込みます。

ステップ6

f:id:yukisinonome:20170730140753j:plain

ステップ3〜5を繰り返して描き込みます。この時、絵全体に描き込む必要はありません。部分的に描き込めば描き込んでない部分もそれっぽく見えます。写実的な絵を描きたい人は全体に描き込んでもいいですが。

そして、ここまでで完成でもいいと思います。もう草むらに見えます。次のステップはお好みで描きましょう。初心者が風景画を描く時に上手く見せるコツは絵の情報量を増やすことです。次のステップは情報量を増やす仕上げみたいなものです。

ステップ7

f:id:yukisinonome:20170730140747j:plain

全体をざらざらしたブラシで塗っていきます。暗い部分を強調したり、描き込みが少ない部分にざらざら感を加えることで絵の魅力が増します。あとはお好みで手を加えればオリジナリティを出せたりします。




以上で草むらの完成です。こんな感じで描けば草むらに見えると思います。