東雲の気まぐれな創造

IT、絵、その他いろいろ、とにかく気まぐれな雑記

質を意識した絵の上達法

量をこなせはアドバイスになっていない

よく聞く上達法はとにかく量をこなせ、というものです。東雲はこのアドバイスはとても不親切だと感じます。そりゃ何事においてもたくさん練習することは基本ですし、大切なことです。しかし、量をこなすなんてことは当たり前のことです。こんなものはアドバイスには入らないと思います。その上、これは誤解を生みやすい表現です。量をこなせという言葉を鵜呑みにして、何も考えずにひたすら絵を量産すればいいのだと捉える人がいるわけです。


はっきり言って東雲は何も考えずに描いてても上達はしないと思います。これに関して感心した言葉があります。自分なりに解釈するとこんな感じです。


「何も考えずに量をこなしても上達はしない。上手くなったように感じるのはただ慣れただけである。」


慣れた分は上手くなったように見えますが、すぐに伸び悩むと思います。何も考えずに描いて上達するのは天才だけです。

東雲は

東雲は絵を描くことは好きですが、普段はなかなか絵を描く時間が確保できず、まとまった時間が取れた時に一気に描くタイプです。


東雲の絵はこちらです。
yukisinonome.hatenablog.com


東雲もまだまだ未熟者ですが、少しでも参考にしてもらえればいいなと思いながら上達法について書きます。では、そんな東雲がどうやって画力を高めたかについて説明していきます。

考えて描こう

上達するために必要なことは考えることです。具体的に何を考えればいいのか、それを考えることも大切ですが、今回は3つ紹介します。

何が描けるようになりたいのかを考える

目・髪・口・胸・腕・手・足、もしくは、草・木・川・空など自分が何を描けるようになりたいか3つほど特に意識するものを決めます。そして、決めた部分については徹底的に調べます。調べる方法はなんでもいいです。上手い人の絵をじっくり観察してもいいですし、描き方をネットで検索してもいいです。自分が描けるものを1つずつ確実に増やしていきましょう。

構図を考える

絵の構図は絵を魅力的に見せるためにかなり重要な部分です。ここを意識できるかどうかでかなり差が出ます。魅力的な構図については自分で調べて見てください。そのうち構図についても記事を書くことがあるかもしれませんが。

光を考える

人物画ではどこに光源があるのか意識しましょう。そして、光を考えることがいちばん重要なのは風景や背景がある絵です。光は意識しなければ描けません。しかし、光を意識することは非常に難しいことです。なぜなら固定概念を壊す必要があるからです。海の色は何色ですか?雲の色は何色ですか?ここで青と白だと即答してしまうと固定概念にしばられています。例えば、昼は青かった空は夕方にはオレンジになります。それに伴って、海の色も青からオレンジに染まります。このように光は環境や条件によって対象物を全く違う色にします。これを意識して描けると絵のレベルが大きく上がります。

妥協せずに1つの絵を全力で描ききる

何も考えずにササッと描いた絵はらくがきです。らくがきを量産しても上達はしません。慣れるだけです。自分の持っている知識と技術を使い切って自分で描ける最高の絵を描いてみてください。月1回でもいいです。絵を完成させることはとても効果があります。得るものが非常に多いです。これができると上達スピードが桁違いに上がると思います。


理由は筋トレをイメージするとわかりやすいと思います。筋トレって筋肉がつらくなるまでやりますよね。筋肉をいじめぬくことで筋肉が強くなるわけです。軽い負荷では大して効果が出ません。絵も同じです。らくがき(軽い負荷)をするだけでは大して上達しないのです。




以上で説明を終わります。より詳しい描き方についてはまた少しずつ紹介していく予定ですので、引き続きよろしくお願いします。

【アニメ】プリンセス・プリンシパルがとても面白い

アニメ大好きです。実は毎期10作品以上観ています。というわけで、面白いなと思ったアニメを共有できればいいなと思い、アニメ関連の記事も書いていくのでよろしくお願いします。


f:id:yukisinonome:20170801115426j:plain

プリンセス・プリンシパルのキャラのアンジェを描きました。暗闇に紛れた感じで描こうとしたら黒がとても多くなりました(笑)描き方はまだまだ模索中です。目の形って結構難しくないですか?


プリンセス・プリンシパルは可愛い女の子たちがスパイとして活躍するアニメなのですが、ストーリーはキャラの可愛さと正反対でかなりシリアスな内容です。そこがいい!!キャラデザがとても可愛いので萌えアニメかなとかほんわか系かなとか思ってしまうのですが、シビアなスパイものなのです。話もかなり作り込まれているようでとても面白い。あと背景の描き込みが凄いです。背景だけでも満足しそう。もちろん、キャラのスパイアクションも素晴らしいです。作画本当にレベル高い!!


ちなみに、完全オリジナルアニメーションです。


アニメ制作会社はStudio 3Hzアクタスです。僕はStudio 3Hzが結構好きです。この会社は主にオリジナルアニメショーンを制作しているのですが、作画と脚本が本当にレベル高いです。今後も注目のアニメ制作会社です。


そして、このアニメのOPとEDがまた最高なのです♪なんと、OPとEDともに英語という珍しい構成です。OPは凄くかっこいい曲です。EDはキャラソンみたいな感じでシビアな内容の後の癒しです。


OP映像は珍しく公式で公開されています。

TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』 オープニング映像


PV
www.youtube.com


というわけで、面白いのでみなさんも観てみませんか。

ブログ始めて記事もいくつか書けたのでここらで日記を書こう

東雲は夏が苦手だ。暑い。とても暑い。東雲は先週の月曜日まで大学があって、通学だけでヘトヘトなのであった。代謝が良すぎて通学だけで滝汗かいて軽い脱水症状を起こすので外に出るときは飲み物が手放せない。

そんな地獄の日々を乗り越えて夏休みになった。学生のうちに夏休みを満喫しておこうと思う。東雲は大学院に進学が決定しているのでもうしばらく学生だけど。

夏休みに入ってからというもの、自分の部屋にクーラー効かせて半引きこもりと化している。情報系学生だということもあって大抵のことはパソコンとネットがあれば解決する。わざわざ外出する気などない。用がなきゃ絶対出ないぞ!!

夏休みに入るまではとても忙しかった。連続する研究発表とその準備だったり、就活も意識し始めて準備してるし、とにかくいろんなことをやらなきゃいけなかった。

夏休みに入ってからはそれらから一斉に解放された気がする。もちろん就活の準備とかはしなければいけないけど、少し違うアプローチをしようかなぁと考えた。それがブログを始めた理由の1つだったりする。

自分が情報発信するサイトがあれば、面接とかでアピールできるし。もちろんそれだけが理由じゃない。ブログは結構前から興味があって始めたいと思っていた。けれど、忙しくてそれどころではなかった。

それで忙しさから一時的に解放された今、ブログにチャレンジしてみようと思ったわけである。実際文章書くのが好きなので性に合ってると思う。

そして、同じくブログ書いている人たちと繋がれたら面白そうだと思って、ブログを始めてからはいろんな人のブログを読ませていただいている。みんさんいろんな感性を持って書かれていて個性が見えて面白い。

という感じで日記を書いてみたけど、やっぱり自分のブログは必ず記事の中で情報提供していく方針なので、何か夏に有益な情報を提供しよう。

夏に有益なこと

・ポカリとかアクエリアスは点滴並みの効果があるらしいので
 脱水症状には最適だよ。常備しておこう!

・エアコンは起動時が一番電気料金が高いらしいので、
 半日以上外出しないのであればつけっぱなしにしておこう!
 噂では起動から1時間の電気料金はその後の9時間分になることがあるらしい

こんにゃくゼリーを凍らせて食べると美味しい


こんにゃくゼリーを凍らせるという文化が意外とないということが友達と話していて気づいたので、一度凍らせてみてほしい。安いしゼリーなのでダイエット中でもアイスより気楽に食べられるところが魅力だったりする。

【メイキングあり】簡単な草むらの描き方

f:id:yukisinonome:20170730140747j:plain

誰でも描ける草むらの描き方です。
風景を描く方や普段キャラ絵中心だけど背景も描いてみたい方はぜひチャレンジしてみませんか。草むらは意外と簡単に描けてしまうのです。

ステップ1

f:id:yukisinonome:20170730140654j:plain

まず、緑のグラデーションを描きます。下が手前で上が奥になります。手前の方が暗い色で奥の方が明るい色にしましょう。この時に、やや彩度が低い色を使うとリアリティがでます。


ステップ2

f:id:yukisinonome:20170730140648j:plain

ステップ1より暗い色でランダムな配置で塗っていきます。もこもこしたブラシで塗ってみてください。遠近を表現したいので奥に行くほど細く少なめで塗ってください。暗い色の中にさらに暗い色を少しだけ描きます。

ステップ3

f:id:yukisinonome:20170730140644j:plain

暗いもこもこを塗った部分から同じ色で草を描きます。ここでも遠近を表現するために手前は長く、奥は短く草を描いていきます。一番奥の方は草を描かなくてももこもこだけでそれっぽく見えます。

ステップ4

f:id:yukisinonome:20170730140638j:plain

今度はグラデーションと同じ色で暗い草の根元が隠れるように重ねて草を描き込みます。青い部分が隠れるように描きます。赤い部分みたいな感じです。

ステップ5

f:id:yukisinonome:20170730140631j:plain

暗い部分の根元がある程度隠れるまで草を描き込みます。

ステップ6

f:id:yukisinonome:20170730140753j:plain

ステップ3〜5を繰り返して描き込みます。この時、絵全体に描き込む必要はありません。部分的に描き込めば描き込んでない部分もそれっぽく見えます。写実的な絵を描きたい人は全体に描き込んでもいいですが。

そして、ここまでで完成でもいいと思います。もう草むらに見えます。次のステップはお好みで描きましょう。初心者が風景画を描く時に上手く見せるコツは絵の情報量を増やすことです。次のステップは情報量を増やす仕上げみたいなものです。

ステップ7

f:id:yukisinonome:20170730140747j:plain

全体をざらざらしたブラシで塗っていきます。暗い部分を強調したり、描き込みが少ない部分にざらざら感を加えることで絵の魅力が増します。あとはお好みで手を加えればオリジナリティを出せたりします。




以上で草むらの完成です。こんな感じで描けば草むらに見えると思います。

iPad Pro+Apple Pencil+Procreateの組み合わせが凄い!!

最近、iPad ProとApple Pencilを買いました。というわけで、実際に使ってみた感想として今回はiPad Pro+Apple Pencil+Procreateの組み合わせの魅力について紹介したいと思います。


デジタル画始めてみたいけどペンタブは手元と画面が別だから使いこなせるか不安だという方や液タブ欲しいけど高いから手が出しにくいという方は、ぜひ一度iPad Pro+Apple Pencil+Procreateの選択肢を考えてみてください。

iPad Proのコスパがものすごく高い

僕が買ったのはiPad Proの10.5インチです。
Apple PencilはiPadのProしか対応していないので注意)


まず、最初に言いたいことは僕の考えでは今がiPad Pro(10.5インチ)の買い時だということです。なぜなら、前回の9.7インチモデルに比べて本体サイズはあまり変わらずに画面が大きくなり、メモリが2GBから4GBの2倍になっています。メモリは処理を行う部分です。なので、メモリが不足すると動作が重くなるわけです。つまり、4GBあれば大抵の作業では動作が重くなりません。さらに、Apple Pencilの反応速度も2倍になっています。


これだけ性能が上がっていて値段が前回モデル発表時とほぼ同じです。


この性能なら15万円以上のノートパソコン並みの性能です。

絵を描くツールとしては

最高です。


まず、画面解像度が圧倒的です。フルHDよりもさらに上です。色域も広いです。色域とはどれくらい色が鮮やかに出るかということだと考えてください。プロが余裕で仕事に使えるくらい綺麗です。


そして、Apple Pencilで描画した時にどれくらい遅延が発生するかですが、最新モデルではもはや遅延を感じません。描画するとしっかり線がついてきます。


問題があるとすれば、パソコンのペイントソフトでお馴染みのクリスタとかSAIのiPad版はないということです。ですが、それに変わるペイントアプリがいろいろあるので自分にあるものを使えばいいと思います。その中で僕がおすすめするアプリがProcreateなのです。

実際に描いてみた

f:id:yukisinonome:20170729145844j:plain


こちらがProcreateで描いている画像です。動作めっちゃ軽いです♪どちらかというと厚塗りとかアナログ塗りが好きな人と相性が良い気がします。もちろんレイヤーも分けられます。アプリの機能の詳しい説明はまた別の時にしようと思います。ちなみに、指でキャンバスの拡大縮小や作業を1つ戻すことも簡単にできます。


完成した絵がこちらになります。


f:id:yukisinonome:20170729145857j:plain


グリモアの卯衣ちゃんです。大好き。今回は厚塗りで描いてみました。


描き終わってアプリをいじってたのですが、こいつ描いてる過程全て録画してやがる!!すげー!!しかも、動画で保存できます。必要なければ録画停止や録画データの削除も可能です。もちろん絵も画像データとして保存できます。しかも、保存ファイル形式選べる〜♪




iPad Pro+Apple Pencil+Procreateは10万円くらいで揃えられるので(10万円も結構高いけどもコスパ考えれば…)、ぜひ購入の選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

趣味で絵を描いています。

自己紹介

趣味で絵を描いています。
絵は風景画からキャラクターイラストまで幅広く描きます。
絵は基本的にデジタル画です。


絵描きツール
・PC + 液タブ + クリップスタジオ
iPad Pro + Apple Pencil + Procreate

のどちらかです。


今回は絵の記事初投稿なので、今までに描いた僕の絵を紹介したいと思います。

絵の紹介

地図にない場所

f:id:yukisinonome:20170728113902j:plain

構図はフリー画像を提供しているサイトの風景写真を参考にして、だいたいの構図が決まったらオリジナルの要素を加えつつ描いていきます。様々なタイプの絵を描きますが、特に彩度高めで非現実感のある絵を描くことが好きです。

f:id:yukisinonome:20170728115013j:plain

この絵も上と同じような感じで描きました。

地下鉄

f:id:yukisinonome:20170728120354j:plain

キャラクターありの絵です。このキャラはグリモアというスマホゲームの立華卯衣です。卯衣ちゃん大好きです!!!!

シリアスなアイラちゃん

f:id:yukisinonome:20170728120343p:plain

キャラメインの絵です。この絵が自分が描いたキャラ絵で一番時間かかってると思います。このキャラもグリモアキャラで東雲アイラです。実は僕のHNの東雲祐希(しののめゆき)の東雲はこのキャラの苗字が1つの要素になってます。他にもいくつか東雲に関することがあってこの苗字なのです。


以上で紹介を終わります。今後は1枚ずつ投稿します。絵を描く過程なども説明できればいいなと考えています。絵に興味があるみなさん、これからよろしくお願いします。


最後にピクシブの宣伝を…

「東雲祐希」のプロフィール [pixiv]

基本情報技術者試験に独学で合格するための勉強法

勉強法について

勉強法について必要なことだけを書きます。ここに書くのは試験に合格するための勉強法です。


もちろん、僕もこの勉強法で合格しています。


最初に言っておきたいのですが、基本情報技術者試験に合格するためにはかなり過去問を解くことが有効です。特に午前問題では過去問がそのまま出ててきたり、少しだけ問題文が違っている程度の問題がいくつも出てきます。


その上、合格ラインは午前午後ともに6割以上です。言い換えれば、4割まで間違えても合格できるわけなのです。なので、満点を目指す必要はありません。8割を目指す気持ちでやっていきましょう。


基本情報技術者試験の詳細については次のサイトで確認してください。


IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:基本情報技術者試験

勉強の流れ

1.IT全般の基本的な知識を知る

2.午前の過去問を解く

3.1度午後の過去問を解いてみる

4.アルゴリズム(擬似言語)問題対策

5.ソフトウェア開発の選択問題対策

6.午後の過去問を解く


1・2が午前対策、3〜6が午後対策です。

1.IT全般の基本的な知識を知る

ITの基本的なことはだいたい知っているよという方はこの章をとばして次に進んでください。


とりあえず、IT全般の基本的な知識がないと問題文が頭に入ってきません。


基本情報技術者試験に必要な知識を得るためには次の本がおすすめです。



この上の本以外は使ってないのですが、他の方がおすすめしている本の中で良さそうな本をもう1冊紹介しておきます。


(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成29年度 (2017年度)

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成29年度 (2017年度)


どっちを使ってもいいです。


では、どのように使えばいいのか説明します。


1ページずつじっくり理解しようとして読む必要はありません。あーこんな感じの内容でこんなこと書いてあったなってのが覚えてる程度で2回以上流し読みしてください。


全て理解しようとして読んでたらものすごく時間がかかりますし、結局最初の方で読んだ内容なんて忘れるものです。とーっても面倒です。


1回読むのに時間かけるより、何回も繰り返し読んだ方が記憶しやすいです。


繰り返し読んである程度把握できたら次に進みましょう。

2.午前の過去問を解く

1の内容は必要な最低限の知識をつけることでしたので、実質午前対策はここだけです。


この2の章に書いてある対策さえすれば午前6割は超えると思います。


対策は次のサイトで行います。このサイトの過去問道場でひたすら過去問を解きます。


基本情報技術者過去問道場|基本情報技術者試験.com


具体的には、最新の回から順番にそれぞれの回で満点が取れるようになるまで繰り返してください。


ここで時短するコツは、問題文にこの単語が出てきたら答えはあの単語が含まれる選択肢だろう、というように問題文と解答を結びつけることです。


だいたい6回分くらい満点が取れるようになれば午前6割超えると思います。


これができたら次に進みましょう。3回分くらいクリアしたら午後対策と並行してやっても構いません。

3.1度午後の過去問を解いてみる

午後対策はとりあえず最初に過去問を1回分解いてみてください。これが意外と重要なことです。


なぜかと言いますと、闇雲に勉強しても時間がかかってしまうからです。


午後対策で重要なことは、自分に足りない部分が何なのかを把握してそれを意識しながら勉強することです。


1度過去問を解くことでどんな問題が出題されるのか、どこを重点的に勉強しないといけないのかが見えてくると思います。

4.アルゴリズム(擬似言語)問題対策

特に午後対策で重要なのがこの4の章と次の5の章です。


なぜかというと、アルゴリズム問題とソフトウェア開発問題の大問2つ分で得点の4割を占めるからです。


この大問2つで満点を取れれば、あと2割取るだけでいいのです。


では具体的にアルゴリズム問題を解くために何をすればいいのかと言いますと、次の本を最初から最後までじっくりやってください。



この本は簡単な問題から始まって徐々に難しい問題になっていきます。正直、途中で急に難しくなったように感じた部分もありましたが、理解できる範囲だと思います。


この本の最後の問題が理解できるころには、試験でも満点を狙えるくらいになっていると思います。


この本の問題を最後まで理解できるようになったら次に進みましょう。

5.ソフトウェア開発の選択問題対策

ソフトウェア問題ではJava・C・COBOLアセンブラ言語・表計算から1つを選択することになります。


プログラミング経験がない方であれば、表計算を選択するのが一番楽だと思います。


しかし、プログラミングをするような仕事をしようとしている方やしている方はJavaかCを選択する方が良いと思います。


プログラミングをする仕事であれば、このどちらかで合格した方がアピールになりますし、役に立つからです。


それを含めてどれを選択するかはお任せします。


僕はJavaとCでチャレンジしたことがあるので、僕が個人的にどう思っているか書きます。


JavaかCならCが良いと思います。


なぜなら、午後は試験時間に余裕がなくて、Javaでは読むのに時間がかかってしまい試験時間が足りなくなってしまうからです。短時間で読むにはCの方が向いています。


この大問では言語の文法を理解していてある程度読めれば十分に問題を解くことができます。


僕がCの勉強に使ったのは次のサイトです。プログラミングの勉強を最初から紙媒体のものでやろうとすると辛いので、ネットで便利なサイトを見つけましょう。


苦しんで覚えるC言語


自分が選択する言語の勉強ができたら次に進みましょう。

6.午後の過去問を解く

最後に必要なことは問題に慣れることと試験本番の計画を練ることです。


僕が午後の過去問を解くのに使ったのは次の本です。




僕は結構時間ぎりぎりでしたので、時間配分や解く順番などをしっかり決めておかないと時間が足りなくなります。


時間を測りながら過去問を解いてみてください。そして、その都度解説をしっかり読んで足りない知識があれば、これまでに買った本などを使って知識を補充してください。


そして、過去問を7〜8割くらい取れるまでたくさん解きましょう。




以上で、基本情報技術者試験に独学で合格するための勉強法についての説明を終わります。試験頑張ってください。